京都、バー・ローズバンクでの一夜

京都には、お気に入りのバーが何軒かあり、Bar Rosebank(現在は閉店しています)は、その中の一つ。京都市営地下鉄・烏丸御池駅から歩いて5分ほどのところにあります。

烏丸御池駅は、オフィス街の最寄り駅であり、主に若い人を集客する「新風館」という施設がオープンして以来、スターバックスなどの飲食店が軒を連ね、この界隈に若い人達が溢れるようになりました。

その御池駅から北東に5分も歩くと、もうそこは住宅街で、ローズバンクに灯が点る頃、あたりは暗く、友人達に紹介しても、こんなところじゃないだろうと何人もが引き返したほどです。そう、もう少し先に目的のローズバンクがあったというのに。

それだけに、知る人ぞ知るバーかと思いきや、京都でも有名なバー(正統派であり、このバーから独立した人のお店は、それぞれ評価が高い)の出身ということもあり、多くのお客さんが訪れます。

マスターの人柄、外観や内装など、特徴的な部分は数あれど、ローズバンクは、モルトウイスキーが揃い、カクテルを好むお客さんが多いバーでした。初めて訪れても、にこやかに迎え入れてくれますから、女性が一人で飲んでいるのをよく見かけました。

今は閉店してしまいましたが、新天地でもまたバーの経営者なんですよ。

Bar Rosebank バー・ローズバンク

京都市中京区間之町通押小路上ル東側